二胡メンテナンスノート

十三堂楽器では希望者にメンテナンス履歴を記入できる冊子をお渡ししています。

14063011.jpg

14063022.jpg

弦の交換日、交換した弦の種類、交換した駒等を簡単に記録できます。

車のメンテナンスノートみたいな感じですね。

内容が分かればお手持ちのノート等何でもOKですので、弦の交換日時等記録しておくと便利ですよ。

必要な方はご来店時におっしゃっていただければ無料でお渡しします。

是非ご活用下さい。

二胡の評価について

他社製品の二胡を調整でお持ちになったお客様からの質問で、

『この二胡は紫檀と言われて買ったのですが紫檀でしょうか?』

『この楽器は先生から○○万円で購入した物ですが、その価値はありますでしょうか?』

等の質問をされるお客様がいらっしゃいます。

気持ちは分からないでもないですが、誠に申し訳ございませんが十三堂ではその様なご質問には基本的にお答えしない様にしています。

理由:音色に関してそれほど重要ではない。(音色=楽器5%+演奏技術&楽器調整95%)

どうしても気になる方は国内外を問わず楽器をご購入された店舗・講師様へ直接お尋ね下さい。

※意地悪で言っているのではありません。どうでもいいトラブルに巻き込まれるのが面倒なだけです(笑)

宜しくお願いします。








20130926100145_68_1_.gif
※特に意味はありません。



弦にマニキュア

manikyua.jpg

竿に運指の目印をシール等で付けている人を見かけますが、こんなやり方もあります。

弦の上にマニキュアで印を付ける方法です。

手の感触で自然音階の場所を把握できますので、目視で確認する必要がありません。

乾くまで1時間強掛かりますので、それまでは触らないように気をつけましょう。

マニキュアは100均でも売ってますのでそれで充分です。

※ご参考まで。付けないに越したことはありません。

蛇皮の保護の為に・・・

大好評!『クイズ!二胡大好き』のコーナーです。


【問題】

蛇皮の保護の為に正しいのは次のうちどれ? (滋賀県正解率79%)


A. 定期的に油を塗る

B. 定期的に水拭きする

C. 定期的に指で押してあげる

D. 定期的に乾拭きする
























































































































これは簡単ですね。

二胡の蛇皮に水分油分(もちろん化粧品も)は厳禁です。故意に押すのも厳禁です。

以前、先生から『ごま油』を塗りなさいといわれて本当に塗っていたお客様もいらっしゃいました。

水分油分を塗った段階・強く押した段階で弾力がなくなる恐れもあります。

皮の部分が汚れたら乾いた布で拭いてあげてください。


先生に油を塗れと言われても断りましょう。

本に塗れと書いてあっても無視しましょう。

旦那に押せと言われたらひっぱたきましょう。

正解はDです。

※十三堂の楽器の場合、油分・水分を塗った段階で改造扱いとし保証対象外となります。



y0345.jpg

松脂を塗る頻度

お客様から良くある質問シリーズ

【質問】松脂はどれ位の頻度で塗れば良いのですか?

【回答】毎回弾く前に塗りましょう。


楽器調整の際、半分以上の方は松脂の塗りが甘いと感じます。

松脂を塗った時に出る小さな粒子が金属の弦との摩擦を生み、振動となり駒に伝えますので、
松脂が不足した状態で演奏すると当然音が出にくくなります。

又、松脂が不足している状態で弾くと弦との摩擦で毛の組織(キューティクル)が破壊されて、
松脂が付かなくなり弓の寿命を縮める原因ともなります。

限度はありますが塗りすぎて悪いことは有りません。

毛の表裏は勿論、弓の毛の内側まで擦り込む様にしっかりと塗りましょう。

【陳の名言】
松脂はお化粧と一緒。しっかり塗りましょう。

1d7c736796.jpg70726f647563742f32303132303932325f6534383266342e6a7067003134300000660066.jpg
十三堂特製松脂 結構人気です。
http://www.13do.com/product/195

笛膜の貼り方2014

hue6-2.jpg

楽器はやりませんが、笛子の笛膜を貼り続け早8年位経ちます。

最近やっと笛膜の貼り方のコツが分かってきたような気がします。

笛膜を上手に貼れても僕の今後の人生に役立つかどうかは分かりません。

というよりも、多分役に立ちません(笑)

でもいいんです。

一発で上手く貼れた時のちょっと嬉しい気持ちは他ではなかなか味わえません。

今後も精進してきたいと思います。

笛吹きませんけど(笑)



笛膜の張り方は十三堂のHP内に隠れていましたので、こちらをご参照下さい。

軽く揉む所と最後のシワの部分がミソです。
水分が乾いた後に笛膜の張りが強まりますのでその分も考慮してシワを作りましょう。

笛膜と接着剤の役割をする阿膠は通販でも取り扱っています。
下記リンクをご参照下さい。

笛膜 
http://www.13do.com/product/87
阿膠(笛膜粘着用) 
http://www.13do.com/product/148

二胡の千斤の位置

DSC_0437.jpg

二胡の千斤線の設置場所については様々な説があります。

よく聞くのが『筒に肘を立てて小指の第○間接に合わせて』というのが代表的ですが、
音響学的に二胡の千斤の位置は駒から38~42㎝の場所に設置すればその楽器のスペックを発揮出来るように作られています。

千斤の位置を下げている方、又は下げようと思っている方は、
『弾きやすいから』
『小指が届かないから』
『体が小さいから』
『先生に下げましょうと言われたから』
『本に書いてあったから』等が理由かどうかは分かりませんが、
千斤の位置を下げる事の長所・短所を良く理解した上で位置を下げる事をお勧めします。

【千斤を下げる長所】
①指を鍛える前でも音が出しやすい。
②二胡の楽しさを早い段階で感じる事が出来る。

【千斤を下げる短所】
①弦の振動幅が縮小する為、音色が小さく安っぽく深みに欠ける。
②蛇皮を鍛えられない上に変な癖が付く。
③誤った弾き方が身に付く。
④第3ポジションを習ってから指が入らないことに気づき修正するのが困難。
⑤etc・・・

千斤の位置を下げる事は、長い目で見ると上達への遠回りと言っても過言ではありません。

音色と上達を取るか?ただ単に弾き易さを取るか?
先生や本が決めるのではなく、弾き手が選びましょう。


☆十三堂の調整でどうしても千斤を下げてほしい方はその旨お伝え下さい☆
一度正しい位置で調整した後にお客様の任意の位置にお下げします。※限界有り

消しゴム弱音器

自分で作れる二胡の弱音器のご紹介です。
kesigom0.jpg
材料 消しゴム 1個 
道具 カッター
kesigom1.jpg
弦の幅・高さに合わせて2本切れ目を入れる。(消しゴムさんごめんなさい)
kesigom2.jpg
装着する。
kesigom3.jpg
出来上がり(作業時間約1分)

※弱音器は使わないに超したことはありません。必要の無いときは取り外しましょう。
店舗案内

十三堂楽器

Author:十三堂楽器
二胡・中胡・琵琶・笛子・古箏等販売・調整・修理・通販・卸対応。音楽教室併設(二胡・笛子・琵琶・古箏)
体験レッスン随時募集中。
TEL 06-7506-2750
FAX 06-4560-4617
営業時間 10:30~19:00頃
※火曜日・祝祭日(土日除く)定休
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-11-9
Email: mail@13do.com
HP:http://www.13do.com/

最新記事
カテゴリ
検索フォーム