GW期間中の休業日について

GW期間中の十三堂休業日は以下の通りとなります。

【休業日】
4/28(火)~5/1(金)・5/4(月)・5(火)
※5/2(土)・3(日)は通常営業

詳細はページ右側の営業カレンダーをご参照下さい。

【通信販売について】
通信販売に関しては5/1(金)迄のご注文は5/2(土)が最速での発送日となります。(在庫・決済手段による)
日にち指定・時間指定等ご要望に添えない場合がございます。予めご了承ください。
関連記事

本日の風景

14042503.jpg
ほい。

15042501.jpg
ほい。

14042502.jpg
ほい、



ほい~~。

皆様お疲れ様でした!
関連記事

臨時休業のお知らせ(4/25)

誠に勝手ながら、


4/25(土)は中国音楽フェスティバルに参加する為、臨時休業とさせていただきます。



15042202.jpg


※写真に意味はありません。
関連記事

胡弓 いま⇔むかし(5/20 大阪)

1504161.jpg

1504162.jpg


胡弓 いま⇔むかし ~伝えたい音、今奏でる~

日本の伝統楽器で唯一の擦絃楽器、胡弓。約400年にわたる歴史と伝統があり、最古の三味線音楽である地歌をはじめ、文楽、歌舞伎、民謡など幅広い芸能との間で影響を及ぼしあっている重要な邦楽器のひとつですが、胡弓を中心に据えた演奏会は極めて稀であるのが実情です。今回のコンサートでは伝統の音色から最新のアプローチまで、たっぷりと胡弓の魅力に触れることができます。
第一章 胡弓の伝統は、上方を中心に発達した三味線音楽「地歌」との密接な関わりの中で育まれてきました。注目の演奏家、菊央雄司氏と、江戸時代の名曲「笹の露」をお届けします。
第二章 胡弓本曲「鶴の巣籠」を独奏で、胡弓独特の表現をじっくり聴かせます。
第三章 胡弓の音色とピアノの美しい余韻、また曲によりエレクトロニカの音響が融合した現在進行形の胡弓の「今」を、ピアニスト・サウンドクリエーターの足立知謙氏とお届けします。胡弓の豊かな音楽性と可能性に迫る、貴重なコンサートです。

【日時】2015 5/20(水)19:00開演
【場所】ザ・フェニックスホール

〒530-0047 大阪市北区西天満 4-15-10
(梅田新道・東南角 あいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー内)
TEL 06-6363-0311  FAX 06-6363-0550

【出演】
木場大輔(胡弓)
菊央雄司(歌、三絃)
足立知謙(ピアノ、シンセサイザー)


【曲目】
▼菊岡検校:笹の露
▼作曲者未詳:名古屋系胡弓本曲 鶴の巣籠
▼木場大輔:あの雲のむこう、残照の陣、ムルドルの夢、焔
▼富山県民謡:こきりこ節
▼峰崎勾当:ゆき

【座席】自由席
一般前売 ¥3,000 
一般当日 ¥3,500 
高校生以下前売 ¥2,000
高校生以下当日 ¥2,500
※学生券は限定数・フェニックスホールのみの取扱い
チケットぴあ Pコード:248-638

【お問い合せ先】
胡弓 いま⇔むかし事務局 090-8655-8360
E-mail concert@yuzuruha.net
ザ・フェニックスホール チケットセンター 
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)
関連記事

第4回中国音楽フェスティバル(4/25 大阪)

第4回中国音楽フェスティバル

【日時】2015年4月25日(土)12:00開演~18:00頃迄
【場所】クレオ大阪中央

〒543-0002 大阪市天王寺区上汐5-6-25
大阪市営地下鉄『谷町線』四天王寺前夕陽ヶ丘駅1・2番出口から北東へ徒歩約3分
【入場料】無料


【演奏順】
15041201.gif

19:00~ 董金明二胡演奏会(4/25 阿倍野)

十三堂楽団は2部の最初。15時15分頃出演予定です。

『台湾追想曲』やります。
15041203.jpg

みんな来てね!
関連記事

ウェイウェイ・ウーLive (5/24 大阪他)

1504101.jpg

ウェイウェイ・ウー
「ウェイウェイズ・アンソロジー featuring 柏木広樹」

【日時】5/24(日)
1stステージ開場15:30 開演16:30
2ndステージ開場18:30 開演19:30
【場所】ビルボードライブ大阪

〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目2番22号 ハービスPLAZA ENT B2

中国伝統楽器・ニ胡のスペシャリスト、ウェイウェイ・ウーが、クラッシック、ジャズ、映画音楽、ジブリ、葉加瀬太郎作品といった名曲を中心にした最新作を携え全国ツアーを敢行!ライブには、葉加瀬太郎のステージ音楽監督であり、最新アルバムのアレンジも担当したチェリストの柏木広樹も登場。スタイリッシュで華麗なテクニックを誇る二胡の音色、そして心癒されるチェロとのコラボレーションに酔いしれて。

チケット購入はこちらから

ウェイウェイ・ウー/WeiWei Wuu】
中国/上海生まれ。5歳からヴァイオリンを始める。上海音楽学院付属小学校を経て、上海戯曲学校で二胡とヴァイオリンを専攻し、双方を首席で卒業。その後、1991年に来日。新たな二胡の可能性を開拓すべく、さまざまなジャンルのミュージシャンとコラボレーションを精力的に行い、その過程で、従来座って演奏する二胡のスタンディング奏法の考案など、独自の演奏スタイルを確立。ロック、ジャズ、フュージョンとの共演を可能にした、現代二胡のパイオニア的存在。
2002年5月、『メモリーズ・オブ・ザ・フューチャ-』にてメジャー・デビューし、これまでに、ベスト盤を含め10枚のアルバムとライブDVD1枚をリリース。二胡教室を自ら主宰(心弦二胡教室)するほか、坂本龍一氏や葉加瀬太郎氏、ケニー・G氏など、国内外のアーティストとのコラボレーション、NHK交響楽団をはじめとするオーケストラとの共演など、幅広い活躍を続けている。2007年開始したNHK「ダーウィンが来た! 生きもの新伝説」のエンディング・テーマで、ケニー・Gとの初共演を果たす。また、2009年には、世界的に活躍する二胡奏者が一堂に会した二胡サミットIN東京をプロデュースしたことでも、高い評価を得た。さらに、TBS系人気ドラマ「JIN-仁-Main Title」で二胡を担当し、好評を博した。2010年6月、「東京meets上海」をテーマに、自身のアイデンティティーを問うアルバム『Back to the・・・』をリリース。単なる「癒し」に留まらない、「新たな二胡とウェイウェイ・ウーの可能性」を示し高い評価を得る。プロデューサーに武部聡志、ゲストプレイヤーに鳥山雄司(ギター、アレンジ)、藤原道山(尺八)、小松亮太(バンドネオン)、森山良子(Vo、オートハープ)が参加した。同年9月には生まれ故郷である上海にて開催された上海万博会場にてコンサートを実施し、二胡の故郷中国にて大きな反響を博した。そして2011年、来日20周年を迎え、渋谷区総合文化センター大和田伝承ホールにて来日20周年記念コンサート「夢胡蝶〜Dream of the Butterfly〜」を2日間にわたって開催。同年10月にはそのライブの模様を収録した同名の自身初となるライブDVDを発売した。2012年デビュー10周年を迎え、記念ベスト・アルバム「華胡蝶〜THE BEST OF WeiWei Wuu」をリリース。2013年には、ギターの越田太郎丸、ピアノの森丘ヒロキとの3人で「WeiWei Wuuアコースティックトリオ」を結成し、5月にCD「上海ルンバ」をリリースし、全国ツアーを敢行した。2014年、更に進化する二胡のサウンドを追求するべく、プロデューサーに鳥山雄司氏を迎え、『Reborn』をリリース。3年連続となる全国ツアーを敢行。また、世界遺産の「白川郷」の観光ふるさと大使にも正式に就任し、そのイメージソング「時の旋律」も収録された。2015年、クラッシック、ジャズ、映画音楽、ジブリ、葉加瀬太郎作品等の名曲を中心にした、「ウェイウェイズ・アンソロジー」を4月にリリースし、4年連続となる全国ツアーを敢行!スタイリッシュで華麗なテクニックを誇る唯一の二胡奏者として、活躍を続けている。

柏木 広樹/Hiroki Kashiwagi】
東京芸術大学在学中に「G-CLEF」としてデビュー、ソロ活動開始後はブラジルやアイリッシュ、和など多国籍なテイストを盛り込んだ独創的な音楽性を通し、通算8枚のオリジナル・アルバム、ベスト・アルバム『Best Wishes』を本人完全監修CDとライブDVDの2枚組としてリリース。盲導犬支援活動、がん治療最前線プロジェクト、児童文学“ドリトル先生”をイメージした創作活動など、人間・動物・自然へのメッセージを発信し続けている。葉加瀬太郎の音楽監督を歴任、佐藤竹善(SING LIKE TALKING)、手嶌葵、クレモンティーヌ、押尾コータロー、ジェイク・シマブクロ、塩谷哲、藤原道山、小松亮太、上妻宏光、等との競演や楽曲アレンジをはじめ、プロデューサーとしても活躍。映画「おくりびと」本木雅弘の演奏指導・劇中演奏、「冷静と情熱のあいだ」出演、テレビ朝日「日本!食紀行」「世界の子供がSOS! THE☆仕事人バンク」、関西テレビ「スーパーニュースアンカー」、TOKYO MX 宝塚歌劇団トーク番組「CAFE BREAK」等のTV番組や、「セブン銀行」「湯葉と豆腐の店・梅の花」「クロサワ楽器店」CMへの楽曲提供や演奏、映像音楽も多く手掛ける。人間の声に最も近いといわれるチェロを、変幻自在に操る唯一無二のアーティスト。


【その他イベント情報】
平安神宮 紅しだれコンサート2015
<紅しだれコンサート こころのふるさと>
【日時】2015年4月12日
【場所】京都・平安神宮
開演時間:1回目18:40~19:20 2回目19:50~20:30
【料金】¥2,000(前売り¥1,700)
※客席はありません。桜を堪能しつつ回遊しながら演奏をお楽しみ下さい。


『ウェイウェイ・ウープレイズ・アンソロジー』
【日時】4/16(木) 18:30開場 19:00開演
1504102.jpg
【出演】
WeiWei Wuu(二胡)
森丘ヒロキ(Piano)
佐藤慎一(Bass)
河崎真澄(Drums)
越田太郎丸(Guitar)
【料金】
¥5,500
(別途ドリンク代¥500)
【場所】
渋谷・Mt.RAINIER HALL
03-5459-5050
http://www.pleasure-pleasure.jp/index.php
関連記事

孽子



1504052.jpg

ニエズ~Crysral Boys~ DVD-BOX
(1994/11/20)


写真に写っているのは20年前に俳優もやっていた頃の十三堂オーナー呉俊徳(沙皮)です。



今よりも少しやせてましたね。。。



そんな彼が出演していた台湾ドラマのDVDを十三堂でも取り扱うことになりましたのでご紹介させていただきます。



【あらすじ】
楽団指導に熱心なアンディー(呉俊徳)は月に1度の練習の為に台湾から来日する。しかし練習開始から僅か5分で超初心者の琵琶奏者に繊細な表現を強要し、他の弾撥軍団からの大ブーイングをくらい退団させられてしまう。酒に溺れて飲み屋から出てきたアンディーは大雨でずぶ濡れになるが公園で綺麗なお花を見つけて超ご機嫌に♪(全20話ぐらい)



そんなお話しです。



※全部嘘です(笑)



このDVD、amazonでも買えますが大人の事情で十三堂でも買えます。



ご希望の方はお気軽に『アレ下さい』とお申し付け下さい。








呉俊徳(アンディー・ウー)が主役を務めたのはこっちでした。


~動機が不純なオッサン~(二胡教室編)  



15040402.jpg

関連記事

董金明二胡演奏会(4/25 阿倍野)

150403.jpg

《寺西屋ライブ》二胡演奏会

【日時】4/25(土)19:00開演

【場所】寺西家(登録有形文化財)
阿倍野区阪南町1-50-25
御堂筋線 昭和町駅4番出口西へ1つめ角右すぐ

【会費】¥2,000

【予約】06-6624-7618(寺西)

【出演】
董 金明   中国音楽家協会会員 南京大学海外教育学院教授
董 時耀力シホイリィ 息子
井上 幸紀  


中国音楽フェスティバルの帰りに是非どうぞ。
関連記事
店舗案内

十三堂楽器

Author:十三堂楽器
二胡・中胡・琵琶・笛子・古箏等販売・調整・修理・通販・卸対応。音楽教室併設(二胡・笛子・琵琶・古箏)
体験レッスン随時募集中。
TEL 06-7506-2750
FAX 06-4560-4617
営業時間 10:30~19:00頃
※火曜日・祝祭日(土日除く)定休
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-11-9
Email: mail@13do.com
HP:http://www.13do.com/

最新記事
カテゴリ
検索フォーム