二胡の逸材-「スーパー老紅木」

「スーパー老紅木」、即ち普通の老紅木、普通の骨董老紅木と違い、
今までのない乾燥領域に入った特殊な老紅木。
(.....ハイ!単純に僕が面白いから付けた名前です....)

唐木、特に老紅木(日本では「紫檀」と言う)、インド鶏血紫檀(日本では「紅木(こうき)、黒檀など、乾燥するのは空気の中に、木の中の水分、油分が排出されたり酸化されたりする。すごく年月がかかる。

その中には野外で風雨に暴露されたものと室内(家具など)に居ったものもぜんぜん違う。
十三堂楽器二胡の特徴は、二胡材料のランクに対して、うるさい位詳しく分別されて、そしてそれに合う皮を選んで作りあげる。
それは二胡の材料を最大限生かすためのだ。
今までの材料は、自然乾燥がほとんど、時々花梨などの新しい材料は人工乾燥するが、今回特別紹介したい材料は、今までのない乾燥方法で「作った」材料。

さあ、「スーパー老紅木」はどう言う材料でしょうか?

まず、そのベースはある程度自然乾燥された老紅木を使い。
勿論そのまま二胡に作って、いい音色がでる。
その材料をブロックのまま水に沈ませる。

「なに?木を水に沈ませる?」

そうなんです!その水にある工夫をしないといけないが(それは企業秘密....笑)

それをずっと眠らせて20年以上。
すると水の中のバクテリ、微生物、真菌などが木の導管に滲入し、導管に残った樹液や樹脂を分解して、導管がきれいな空洞になる。
表面を削ると明らかに導管の痕ははっきり目立つ。
そのの板を叩くと、金属のような響きがする。
振動に邪魔する樹脂などがなくなり、老紅木が愉快に響く感じ。

現在二胡を数本に作った、特殊な型式が付けずに、普通の二胡(301、201)と混ぜて販売している。
お客さんが自ら探して、スタンダードの二胡を弾き比べてください。
きっとその驚きを楽しめると思う。

15112801.jpg



呉俊徳

















15112903.jpg


関連記事

古都に響く箏の調べ(12/4 京都)

1511191.jpg

1511192.jpg

古都に響く箏の調べ
~平安の音色を誘う笛を迎えて~


日程:2015.12.04
時間:18:00開場 18:30開演
■出演 : 中国古箏 伍芳(ウー・ファン)
■ゲスト : 中国笛 劉一(リュー・イー)

■会場 : 京都文化博物館 別館ホール
京都市中京区三条高倉 TEL 075-222-0888
・地下鉄「烏丸御池」駅下車 5番出口から三条通を東へ徒歩約3分
・阪急「烏丸」駅下車 16番出口から高倉通りを北へ約7分
・京阪「三条」駅下車 6番出口から三条通りを西へ約15分

■料金 : 前売 3,500円 当日 4,000円【全席自由席】

■チケットのお申込み・お問合せ先 :
E-mail:wufang-office@wu-fang.com
関連記事
店舗案内

十三堂楽器

Author:十三堂楽器
二胡・中胡・琵琶・笛子・古箏等販売・調整・修理・通販・卸対応。音楽教室併設(二胡・笛子・琵琶・古箏)
体験レッスン随時募集中。
TEL 06-7506-2750
FAX 06-4560-4617
営業時間 10:30~19:00頃
※火曜日・祝祭日(土日除く)定休
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-11-9
Email: mail@13do.com
HP:http://www.13do.com/

最新記事
カテゴリ
検索フォーム