人工皮二胡の歩み

蛇皮の替わりものの実験は、10年前から始まった。

なぜ人工皮二胡が必要でしょうか?私が思ったいくつの原因がある。

1.錦蛇の減少によるエコ意識
従来錦蛇は野生のものしかいない。二胡以外に、皮靴、かばんなどの革製品 に使うので、大量に捕殺されて絶滅危機に あった。

2.蛇皮は湿度に弱い
演奏の時期、場所によって音色が変わってしまうので、困っている人が多い。

3.室外演奏の心配
時々室外で演奏しないといけない時、突然の雨や強い太陽の光に蛇皮が痛む 可能性がある。

4.柄が...
蛇が苦手な人は、二胡触れない......

5.宗教
仏教の方なら殺生は罪なので...

6.国外持ち出し
蛇皮を使わないから問題にならない...

そういう訳で、10年前から二胡製作者李先生にお願いした。

まず、他の動物皮を試した。

私の手元に壊れた三味線の破れた猫皮を試した。
猫皮はちゃんと鳴るが、柔らかいせいか音色は暗くて元気がない。でも面白い な音色なのでキップした。

李先生は私が知らないうちに、羊皮、鹿皮、豚皮など色々試したらしい。
でも全部失敗した。

今度私が提案したのは太鼓の張替えされた古い台湾水牛皮を試した。
驚いた結果、初めて二胡らしい音に鳴った。
成功したかと思ったが、太鼓の新品牛皮も試したら、厚くていい音にならない。
牛皮は古く、弾力があるものしか使えない。古い皮でたまたまよかったかもし れない。
(数年間置きっぱなしして真ん中少し凹んだ)

次は沖縄三線の人工皮を試した。
人工皮とはいえプラスチック製の布で、色んな厚さのものがあった。

結局二胡らしい音までには納得できない。
市販他所の布皮二胡よりいい音がするが、二胡の音ではない。

んん~どこか違う。

って、プリント蛇柄いらないし......

ある日音楽を聴いているうちに、突然ピンッときた。

スピーカー名門「B&W」社のユニットに防弾材料を使ったものがある。
これなら何とかいけるじゃないか、改めて布工場に相談した。

こんな感じの布はないかっと。

すれと、何種類のサンプルを頂いた。
それで貼ってみたり、そしてその上に液体素材でコーティングするなど色々工 夫した。

何回試作繰り返したり、サンプル二胡を送ってもらったり、

遂に....

「完成したよ。試奏しにきて」という連絡があった。

早速工房に飛んでいって、目の前にこんなやつが並んだ。

二胡2本、布皮は無地の白で、その上に何かを塗ってある。表面の固さと振動 の均一性のためだ。

弾いてみた。さすが李先生........

一本目は「伝統蘇州二胡の音」、もう一本は「近代曲に合う上海二胡の音」。

とにかく二胡の音がする。100%言えませんが、90%以上似ていると感じた。

よかったです。10年間かかったが。

「先週二胡演奏家の高揚先生に弾いてもらったよ。先生はびっくりして30分弾 き続いて音色を誉めた」

それは面白い、二胡の愛好家にとっては。

もう少し音を調整して、今度十三堂楽器で展示会をやろう。





141101 呉俊徳







1411011.jpg
2014/7試作 1988年張龍祥作老紅木二胡人工皮貼替え (徳絃社試奏開放中)

1410311.jpg
花梨

1410312.jpg
老紅木

1411013.jpg

1411012.jpg
2014/9 2014年李十三新作骨董老紅木二胡人工皮貼り

1411014.jpg
各種蛇皮と人工皮の弾き比べ
関連記事
店舗案内

十三堂楽器

Author:十三堂楽器
二胡・中胡・琵琶・笛子・古箏等販売・調整・修理・通販・卸対応。音楽教室併設(二胡・笛子・琵琶・古箏)
体験レッスン随時募集中。
TEL 06-7506-2750
FAX 06-4560-4617
営業時間 10:30~19:00頃
※火曜日・祝祭日(土日除く)定休
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-11-9
Email: mail@13do.com
HP:http://www.13do.com/

最新記事
カテゴリ
検索フォーム