老紅木その1


二胡の木材と言えば、一番先に書きたいのは老紅木。個人の好みです・・・笑

“ロウコウボク”と呼んで、黄檀Dalbergia spp系の材料で、昔広東省近辺の木材商人が“紅酸枝”と名づけた。

また、紅酸枝系はも何種類があるので、よく使われているのは漢字名「交趾黄檀(Dalbergia cochinchinensis)」と言った材料。

が、こんな薀蓄な知識は覚えてもあんまり意味がない.....。

1506211benisannsi.jpg

大体中国では固い唐木で作った家具を全部「紅木家具」と言う。

なので「紅木」の範囲は広すぎる。

ここで注意してほしいのは、日本の三味線の最高級材料「紅木(こうき)」は中国の「檀香紫檀(印度小葉紫檀)」に当たるもので、日本の「紫檀」と言う材料は中国の「老紅木」です。

これからは先ず、老紅木の「老」字は、「古いもの」ではなく、「古く見える」意味です。違いないようにね……

1506212.jpg

「老紅木-紅酸枝」の原木を切断してから暫く経つと、表面が鮮やかな赤から暗い紫赤になる。

もっと時間が経つと、中まで濃くなる。酸化する現象だが、ダック色に変化したのはほか濃くならない「紅木」(例えば白酸枝)と区別ために「老」を付ける。

また、新しい「老紅木」でも表面が濃くなるので、本当の30年~100年に経って自然乾燥した材料と区別ために、十三堂楽器は「骨董」を付けた。

同じ骨董老紅木でも屋根や家具から取った材料と野外で自然乾燥との乾燥度が違う。

乾燥度は直接振動と音色に関わるので、これに関してはまだ次の文章で説明する。

1506213.jpg

呉俊徳
関連記事
店舗案内

十三堂楽器

Author:十三堂楽器
二胡・中胡・琵琶・笛子・古箏等販売・調整・修理・通販・卸対応。音楽教室併設(二胡・笛子・琵琶・古箏)
体験レッスン随時募集中。
TEL 06-7506-2750
FAX 06-4560-4617
営業時間 10:30~19:00頃
※火曜日・祝祭日(土日除く)定休
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-11-9
Email: mail@13do.com
HP:http://www.13do.com/

最新記事
カテゴリ
検索フォーム